プリザーブドフラワーをプレゼントするメリット

プリザーブドフラワーは母の日や誕生日に贈るプレゼントとして、近年人気を集めている新しいタイプの花です。プリザーブドフラワーとは、特殊な液体に浸した花のことを指し、花の持つ美しさを半年~数年間楽しむことができます。

いくら美しく新鮮な花でも、数日経てば萎れて枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーは半年程度鑑賞することができるため、贈り物として近年注目されているのです。

目的に応じてlivedoorニュース情報について詳しく解説しております。

水分が抜けているので非常に軽く、様々なアレンジや加工が可能です。

プリザーブドフラワーは絵画や写真立てのように飾って楽しむことができますが、重さがあり寿命が短い生花では、このような作品を作ることはほぼ不可能です。



花粉を出さないので、花粉症やアレルギー体質の人でも飾れるというメリットもあります。
せっかくきれいな花束を贈っても、相手が喜ばなければ何の意味もありません。



花粉を一切出さない加工花は、誰からも喜ばれる贈り物なのです。


プリザーブドフラワーは様々なメリットがある反面、デメリットもいくつかあります。

高度な技術で作られる製品なので、通常の花と比べて高価な傾向があり、時には10倍近い価格差がつくこともあります。
3000円~6000円が相場なので、購入時の参考にしてください。

寿命が長い製品ですが、耐久度は通常の花と変わらないので、大切に扱わないと壊れてしまいます。

非常にデリケートな製品なので、店頭に並んでいる商品でも傷んでいることがあります。


購入する時は細かい部分をチェックして、ヒビや欠けたところがないかを確かめましょう。