プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは特殊加工により、枯れにくく長持ちする花のことです。
英語で「保存された」という意味を持ちます。


プリザーブドフラワーはドライフラワーのようにカサカサした感触はなく、生花本来のみずみずしい姿をしています。

遠くから見ると、生花と間違えてしまうほどの見た目をしています。
ドライフラワーのようにただ乾燥させるのではなく、一度水分を抜き、特殊な薬品を使います。



その過程を経て乾燥させることによりその状態を長く保つことができます。

プリザーブドフラワーは水をかえるなどといった手入れをする必要がありません。
基本的に何もしなくて良い花なので、花に対して詳しい知識がなくても枯らしてしまう心配はありません。


生花ほど花粉が気になりませんので、花粉症の方でも平気な場合がほとんどです。

それでいて保存状態が良ければ、1~2年ほど綺麗に咲き続けることができます。



従来の花とは違い、直射日光に当てる必要がありませんので、室内でも十分楽しむことができます。プリザーブドフラワーは生花と比べて高額ですが、最近はインターネットショップをはじめ色々なお店で取り扱われるようになりました。


種類も多く、たくさんの色合いを楽しむことができます。

魅力的なGirls Channelに関してとにかく簡単に調べられます。

中でも人気なのはプレゼント用にラッピングされたものや、結婚式のディスプレイといった場で使われる、立派なプリザーブドフラワーになります。生花と違い、長く形に残るものなので贈りものとして最適かもしれません。