プリザーブドフラワーの魅力

大切な人にお花を贈りたいけれど、お花を贈っても枯れてしまうのでなんか損した気分になるという方は、プリザーブドフラワーがお勧めです。
プリザーブドフラワーは、生花に特殊な加工を施すことで生花のみずみずしさを長期間楽しむことが出来るようになったお花のことです。



ドライフラワーとの違いは、ドライフラワーは生花を自然乾燥させて作りますが、壊れやすく長期間飾っていると色あせをしてしまうというデメリットがあります。

お手軽にエキサイトニュースの新しい情報です。

それに対してプリザーブドフラワーは、生花をいったん花の樹液を抜き、特殊な染料を吸わせて乾燥させる手間をかけて鮮やかで色あせしない加工が施されています。

また、グリセリン成分の入った保存液を使用しているため、みずみずしく柔らかな質感が保たれているというのも本物の生花そっくりで、見る者の目を楽しませてくれます。また、花が水を吸い上げる性質を利用して染色しているため、本来の花の色だけではなく色んなカラーバリエーションを楽しむことができるのも魅力の一つです。



保存状態が良ければ一年から二年はみずみずしく咲き続けますし、水による手入れが必要ないので簡単に花を楽しむことができます。

ただ、手間がかなりかかるのでプリザーブドフラワーは小さな花でもそれなりの値段がします。

それでもイベントの際や贈り物に選ばれることも多く、人気を集めています。

また花だけでなく同じ技術を使ってグリーン系の植物も染色することができるので、アレンジのバリエーションもかなり豊富です。